ミリオン級の楽しさをお届けするよ!パチンコ・パチスロまったり必勝メディア「ミリテレ」
2018.05.23

【パチスロライターうめのしん】 うめのしん的番長3設定看破#4


押忍番長3

ども!
うめのしんです!

今回は、最近悩みの種でもある朝イチ高設定挙動が 出てしまった時…

『粘るべき』か『辞めるべき』かについて。

押忍!番長3チャンスチェリー

難しいところだと思います。
何せこの番長3には『子役による勝利書き換え』というモノが付い ているので…

問題は2つ。

①初当たりが軽い台が高設定とは限らない!

例えば初当たりが1000ゲームで7回取れている台。
一見当たり軽いじゃん?
なんて思ってしまいますが、
もしの話を考えて見ましょう。

もし、対決中にチャンス目を引いていたら…

対決中のチャンス目は勝利確定なので、
低設定であろうと勝っちゃいますよね?

だから初当たりから見抜くのは難しい…

②その通常BB、チャンスチェリーは本物ですか?

番長3には通常BBとチャンスチェリーに大きな設定差があります。(下表参考)

チャンスチェリー
設定 出現率
1 1/21845.3
2 1/16384.0
3 1/21845.3
4 1/10922.7
5 1/8192.0
6 1/4096.0
通常BB
設定 出現率
1 1/7449
2 1/7449
3 1/4966
4 1/2530
5 1/2530
6 1/1812

どうでしょうか?
確かに大きく差はあります…が、

看破に使えるかは一旦置いておきましょう。

何故なら『意外と引いてしまう』という難点がある からです。
例えば設定1の場合。
通常BB 1/7449
チャンスチェリー 1/21845

確率だけ見ると…意外と重いな!というのが所感だと思いますが。
この確率をわかりやすくアナザーGODハーデスの確率で例えるなら。

通常BBはGODより軽く、チャンスチェリーはハーデス図柄揃いと 同じ。

皆さん意外と引いてませんか??
僕がTwitterで見る限り、かなりの確率で皆様が引いてる物だと 思います。


もちろん!この方を含めてw

僕は考えました。
来る日も来る日も考えてたどり着いた結論。

朝イチ高設定挙動は信用するな!

じゃあどこで判断するのか…
やっぱり1番大事なのはモード移行

これが番長3のベルモード一覧。(下表参考)

ベルモード一覧
規定ベル回数振り分け
ベル 通常A 通常B チャンス 対決連チャン
1回 0.01% 0.05% 0.05% 5.08%
2回 0.01% 0.05% 0.05% 5.08%
3回 0.40% 0.05% 1.23% 20.32%
4回 0.01% 0.05% 0.05% 5.08%
5回 0.40% 0.05% 1.23% 20.32%
6回 0.01% 0.44% 0.05% 5.08%
7回 0.40% 0.05% 1.23% 39.07%
8回 0.01% 0.44% 0.05%
9回 0.01% 0.05% 0.05%
10回 0.01% 10.21% 0.05%
11回 0.09% 1.32% 1.32%
12回 0.01% 0.05% 0.05%
13回 0.01% 0.05% 0.05%
14回 0.01% 0.05% 0.05%
15回 6.26% 5.13% 12.55%
16回 3.91% 5.13% 6.30%
17回 12.51% 16.46% 23.10%
18回 0.01% 0.05% 0.05%
19回 0.01% 0.05% 0.05%
20回 0.01% 7.09% 0.05%
21回 0.01% 0.05% 0.05%
22回 0.09% 1.32% 1.32%
23回 0.01% 0.05% 0.05%
24回 3.91% 6.30% 25.05%
25回 0.01% 0.05% 0.05%
26回 0.01% 0.05% 0.05%
27回 0.01% 0.05% 0.05%
28回 0.01% 0.05% 0.05%
29回 0.01% 0.05% 0.05%
30回 6.26% 3.96% 6.30%
31回 2.35% 2.79% 3.96%
32回 14.07% 10.21% 7.09%
33回 0.09% 1.32% 1.32%
34回 0.01% 0.05% 0.05%
35回 0.01% 0.05% 0.05%
36回 0.01% 0.05% 0.05%
37回 0.01% 0.05% 0.05%
38回 0.01% 0.05% 0.05%
39回 6.26% 3.57% 0.05%
40回 0.01% 2.40% 0.05%
41回 0.01% 0.05% 0.05%
42回 0.01% 0.05% 0.05%
43回 0.01% 0.05% 0.05%
44回 0.07% 0.98% 0.98%
45回 7.82% 2.40% 0.05%
46回 4.70% 0.84% 0.05%
47回 16.02% 4.74% 0.05%
48回 0.01% 0.05% 0.05%
49回 0.01% 0.05% 0.05%
50回 0.01% 1.62% 0.05%
51回 0.01% 0.05% 0.05%
52回 0.01% 0.05% 0.05%
53回 0.01% 0.05% 0.05%
54回 0.01% 0.05% 0.05%
55回 0.07% 0.98% 0.98%
56回 3.13% 1.23% 0.05%
57回 3.13% 1.23% 0.05%
58回 3.91% 1.23% 0.05%
59回 3.91% 1.23% 0.05%
60回 0.05% 0.79% 0.79%
61回 0.05% 0.79% 0.79%
62回 0.05% 0.79% 0.79%
63回 0.05% 0.79% 0.79%
64回 0.06% 0.84% 0.84%

これだけ見ても、ライトなユーザーや番長3に入りたての人は何だかよくわからないと思いますw
でもこれが解析サイトの紹介。
うめのしん的にわかりやすくすると…

(例)モード移行1
17→33→7→64→20→7

(例)モード移行2
7→32→32→39→15→7

一見すると、1よりも2の方がベルモードはハマって無くていいじゃない? なんて思いますが。
実は2の方が悪いんです…
何故なら、確実にモード移行しているのは『1』の例だから。

答え合わせ
例1(モードの可能性)
17→B.チャンス
33→B.チャンス
7→対決連
64→B.チャンス
40→B
7→対決連

例2(モードの可能性)
7→対決連
32→A.
32→A.
39→A.
15→A.チャンス
7→対決連

上記を見ても分かるとうり、
確実にモード移行しているのは1なのですね(*´ω`*)
因みにこれは例なので、こんな動きしない!とかは スミマセン(;´д`)
そして、同じ対決連が2回でも、モード移行の可能性は全然違うものなので す!下手したら、例2は全てモードAだったのかもしれない!
それを、なかなか32ベル超えないから優秀!
なんて思って一日中打ったらと思うと…

怖すぎますよね?(;´д`)w

それでもここまでのサンプルを取るのに、やはり20本~30本は覚悟しなければいけません…
回転数も付けなければならないでしょう。

そんなに使いたく無いし!早く見切りたい!

そんな時は、
コレを思い出して下さい!

設定6は対決連の選択が1/2

僕は一回しか6を打った事が有りません!
しかし、その時に思ったのは…

ベルめっちゃくるー!

対決ガンガンいくー!

この2つ!

ダブルベル

ベルなんて気がつきゃ揃ってるし、何ならMBよりベル引いてた気がしますw
そして3.5.7ベルから直ぐに対決発展!

なので、対決連が1/2じゃ無いなと思ったら…それは6では無いのかもしれないですねー
現状は見切る材料として有力なモノの1つだと思います!

という事で次回は、ベルモードと合わせて大きく設定差のある引き戻し特訓について書いていきます(*´ω`*)

したらば♪